2017年1月17日火曜日

2017年浦和レッズ始動!



年が明けて2017年の浦和レッズが始動した





まずは2017年シーズンのユニフォームの発表!


ファーストユニフォームの模様は浦和レッズ25周年をローマ数字で「ⅩⅩⅤ」と表したもの




そして、セカンドのユニフォームが蛍光色の黄色となっている





このユニフォーム来てスタンドにいたらかなり目立ちそう






ユニフォームのスポンサーも変わって、ACL用の胸とJリーグ用背番号の上のスポンサーは「三菱重工業株式会社」に、Jリーグ用の背番号の下のスポンサーは「日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社」になった




記者会見場にロケットとカーネルサンダースがいるという異色な雰囲気になった




また、選手が新たに加入している




ラファエルシルバは昨シーズンアルビレックス新潟の10番でリーグ戦23試合出場11得点と即戦力となる選手



スピードがあり、また1992年生まれとまだ若いからこれからのさらなる成長に期待したい





長澤は一昨年ドイツのケルンに在籍しており、昨シーズンは実戦経験をつけるために千葉にレンタル移籍していた



千葉では10番でリーグ戦41試合出場4得点と多くの試合に出場していた



浦和の中心選手となることを期待したい




田村はアビスパ福岡からレンタルでの移籍で、昨シーズンアビスパ福岡ではリーグ戦16試合出場と多くの試合に出ていた



ディフェンスラインでの出場が多いが元々ボランチの選手であることから、攻撃を組み立てられるディフェンダーとして期待できる




オナイウは千葉からの移籍で、千葉ではリーグ戦23試合出場6得点という結果であった



昨シーズンはオリンピック予選のメンバーに選ばれるなど、日本代表としても活躍していた




高校時代は正智深谷高校で全国大会出場しており、地元出身選手で若いため成長と活躍を期待したい





榎本は横浜からの移籍で、横浜では昨シーズンリーグ戦23試合出場と多くの試合に出場した




横浜に2002年から2016年まで在籍しており、初めての移籍となるが、横浜ではキーパーのスタメン争いでスタメンを勝ち取ってきた




浦和には西川がいるけれど、西川からスタメンを奪い取るような活躍を期待したい




菊池は湘南からの移籍で、昨シーズンはリーグ戦32試合出場3得点と多くの試合に出場していた



昨シーズンまで背番号10番をつけサイドで活躍していた



今シーズンもスタメン争いに勝って、活躍を期待したい




矢島は昨シーズンまで2シーズン岡山に実戦経験をつけるためレンタル移籍しており、昨シーズンは背番号10番をつけチームの中心としてリーグ戦35試合5得点と多くの試合に出場していた




豪快なスーパーゴールを決める印象が強い



去年のリオ五輪予選の決勝では1ゴール1アシストとアジア優勝に大きく貢献し、リオ五輪にも出場するなど日本代表としても活躍した



元々浦和レッズユースの選手で、さいたま市出身と地元の選手であることから今シーズンの活躍とさらなる成長を期待したい





昨シーズン浦和レッズはJスターティングメンバーがある程度固定される傾向にあった




そのメンバーからスタメンを勝ち取るのは容易ではないが、移籍してきた選手にはスタメンを勝ち取ってチームに新たな風を吹き込んで欲しい





そして、誰が出ても強い浦和を完成させて取れるタイトルは全て取るような最強の浦和を期待したい