2016年7月23日土曜日

鹿島相手に最高な逆転勝利!






今日のアウェー鹿島戦







この試合リオ五輪に出場する遠藤航、興梠慎三がいない中での試合となった






そのため、遠藤のところには那須、興梠のところにはズラタンが入り、さらに宇賀神が出場停止のため、そこに関根が入り右サイドには梅崎、李忠成のところには高木が入るなどスタメンが少し変わった




○いつものスタメン

      西川

森脇   遠藤   槙野

   柏木   阿部

関根         宇賀神

    李   武藤

      興梠




○今日のスタメン

      西川

森脇   那須   槙野

   柏木   阿部

梅崎         関根

   高木   武藤

     ズラタン




前半の初めは鹿島が前からプレッシャーをかけてきてなかなかつなぐことができず、鹿島ペースで始まった





浦和はロングボールやダイレクトプレーがうまくいかず全然パスがつながらず、この試合大丈夫なのか?と心配になった





前半の途中からは鹿島の前線からのプレッシャーも弱まり、パスがつなげるようになりまぁまぁパスがつなげるようになった





前半は浦和も鹿島も大きな得点チャンスもなく終わった




後半に入って浦和はズラタンに替えて李忠成を投入した





後半の初め浦和がいつものようなパスをつなぐことができていて、早くも交代の効果が出ているような気がした





57分によさが出せていなかった高木に替えて青木を投入し、柏木を一個前にずらした



これで浦和も攻撃的にできるんじゃないかと思ったその直後の60分に、鹿島の左サイドからのクロスに土居がフリーで合わせ、先制点を許してしまった






この失点はディフェンスラインのマークのずれが原因と考えられる




相手の左サイドに浦和の3バック全員が引き付けられてしまい、逆サイドには関根しかおらず、関根が2人のマークを突かなければいけない状況ができてしまっていた





この状況だといいクロスを上げられてしまったら、失点は免れないでしょうという感じだった






この失点は自分的にはかなりきつい失点だなと思った




1stステージのホームでの鹿島戦でも同じような時間に先制を許して、負けてしまったことが頭をよぎった





また、それまでに浦和はビッグチャンスを作ることができていなかったから、勝てるのかなと心配になった





しかし、その心配からすぐに解き放たれた





失点から2分後の62分、右サイドの裏に抜けた柏木の右足のクロスに李忠成が右足でニアに冷静に流し込み同点に追いついた





李忠成の前線での相手との駆け引きを制しての得点だった





その後、関根のミドルシュートのこぼれを李忠成がシュートを打つも枠には飛ばなかった





73分、青木からのパスを武藤がドリブルで運びシュート、キーパーがこぼしたところを李忠成がシュートし逆転!





よく李忠成は狙っていたなというようなゴールだった




相手のキーパーの曽ヶ端は昨シーズンのアウェー鹿島戦でも決勝点となる得点の際にこぼしてくれて、2シーズン連続決勝点献上となった






昨シーズンのアウェー鹿島戦↓(2:20からが例の決勝点)





逆転した後は鹿島に攻め込まれる時間が続くも、浦和のディフェンス陣はすべてはじき返した





アディショナルタイムの最後まで耐える時間が続いたが、耐えきり見事勝利を手にした







李忠成の2得点での逆転勝利、とてもうれしいものだった






試合内容的には互いに譲らないようなものだった





最後のところでシュートを打たせない、枠に飛ばさせないというところが勝っていたように思える





鹿島の崩しは圧力的でとても怖かったけど、決定的なシュートは失点したところ以外はほとんどなかったように思える





それだけ浦和のディフェンス陣は最後のところまでしっかり対応していたんだと思う






この勝利で浦和は年間勝ち点で鹿島に並んだ






2ndステージの順位も横浜を抜き2位になり、首位の川崎との勝ち点も並んでいる






この勢いで連勝していきたい






次の相手はアウェーでの甲府





甲府は前の試合鹿島に3-3、今節は名古屋に3-1で勝利するなど、得点力がいきなり爆発しているとても厄介な相手






堅い守備と爆発的な得点力を兼ね備えた甲府だけど、それ以上に浦和のほうが強いというところを見せつけて、アウェーだけどしっかり勝ち点3を持って帰ってきてほしい







今日のように粘り強く、最後まで走り切って、強さを見せてほしい






次の甲府戦も絶対勝つぞ!