2016年11月3日木曜日

10年ぶりの年間勝ち点1位決定!






今日の埼玉スタジアムでの浦和レッズ対横浜F・マリノスのリーグ戦最終節









浦和レッズは前節に2ndステージ優勝を決めた





そして今日の試合、浦和は勝てば年間勝ち点1位が決定し、引き分け以下だった場合は2位の川崎が負けていれば年間勝ち点1位が決定する状況だった





自分がスタジアムに着くとスタジアムの外にはたくさんの人がいて、いつもの試合と違い状況だなと思った












試合前からチケット完売のニュースが流れていたけど、こんなに混むとはという感じだった








スタジアム内は席がほとんど埋まっていた













試合は浦和がボールを回して相手を崩そうとするも、横浜が守備を固めてきてなかなか点が奪えないという展開だった





中にボールを出しても中澤を中心にはじき出されて、点を取るのが難しい状況が続いた





前半は得点できず、0-0で終了した





ハーフタイムに他会場の結果を見ると、川崎がG大阪に2-0と勝っている状況で、浦和は勝たなければ年間勝ち点1位を取れない状況になっていた





ハーフタイムの終わり掛けにはスタジアムにいる人みんな立ち上がって「歌え浦和を愛するなら決めろ浦和の男なら」のチャントをみんな歌って、スタジアム全体が一体となって選手を後押しした





後半開始後も浦和のペースでボールを回し、横浜も少し攻撃的になったからかゴールに近づけるシーンも多くなった





そして、後半20分に関根と李のワンツーでの抜け出しから、関根がシュートを打ち、そのこぼれ球に柏木が反応し、先制した!






その後、横浜に攻められるシーンもあるものの良く対応できていた




しかし後半40分に浦和のディフェンスラインが高くなった時に横浜のマルティノスが裏へ飛び出しシュートを打たれ、失点










この失点で浦和は川崎がG大阪に勝っていたら順位が入れ替わってしまうという状況になった






ハーフタイムに川崎がG大阪に2点差で勝っていたため、自分はこのままでは年間勝ち点1位が奪われてしまうと思った





後半アディショナルタイムになって浦和はこのまま試合を終わらそうとするようなプレーをしだしたため、どういうことだと思い携帯で他会場の状況を検索すると、まさかの川崎がG大阪に2-3と逆転されていた




2点差をひっくり返したガンバ大阪をすごいなと思いつつも、勝って決めたいなという気持ちもあったから、柏木が最後までゴールに向かい続けるプレーをしていたのが見ていて気持ちよかった





このまま試合が終わり、浦和は横浜と1-1の引き分けで終わった





あとは川崎の状況次第という状況で、これまで最終節でひっくり返された経験をしているため、さっき途中経過を見たけど心配になって、検索した





周りの人がみんな調べていたからなかなかつながらず、場内アナウンスで浦和の年間勝ち点1位が決定したことを聞いてやっと安心した






やっと念願だった年間勝ち点1位を掴み取った





年間勝ち点1位は2006年シーズンぶりで10年ぶりの年間勝ち点1位




待ちに待ったという感じだった





今日のヒーローは柏木!









今日は横浜の守備が堅くて1列目2列目ががっちり止められていたから、ボランチの柏木が前に飛び出すことで効果的な攻撃ができていたし、点も取れたし、最後まで気持ちを見せていたからよかったと思う





試合後には前節に100ゴールを達成した興梠への花束贈呈










そして最終節後ということで社長からのあいさつ













そして選手がピッチを一周しながら年間勝ち点1位を祝った















ゴール裏にコレオグラフィが仕込まれていたのが予想外だったけどすごかった






今日の試合は引き分けだったけどシーズンでの勝利ということ?で勝利の歌「We are diamonds」も歌った









やっと掴み取った年間勝ち点1位だけど、年間チャンピオンはまだお預けという今シーズンのレギュレーション





チャンピオンシップ決勝で勝って、正真正銘のチャンピオンを掴み取ろう




っと、その前に来週の天皇杯、等々力競技場での川崎戦に勝利して天皇杯も勝ち進みたい!





次の川崎戦、絶対勝つぞ!